Skip to main content.

こんにちわ マネージャーの 浅野未来です。

ASANO MIKU

マネージャーらしく、ここでは怪我の治し方について話したいと思います!

多分ほとんどの方が知っていると思う、

「R I C E 処 置」 について詳しく紹介したいと思います。

これでしょう?

まずは  R (rest) = 安静です。

ただ、ただ、安静にです。
       ※しかしラグビー部の場合、おちおちそんこともいっとられません!

R(あー♡)の発音を引き出すには、舌の動きがポイント!

そして重要な I (ice) = 冷却!

毛細血管を収縮させ、内出血や腫れをおさえます。
                      【注意】みんな寒いとサボりがちになりますが

冷却時間の目安としては、15分 から 20分です!

アイシングをすると、まず患部は痛くなり、あったかくなり、ピリピリして、

最終的には感覚がなくなります。 感覚がなくなったら完了です。
      *この時、感覚がなくなったまま放置すると凍傷になってしまいます…

凍゛ーしょー?

次に C (compression) = 圧迫。

これも、冷却と 目的は同じです!

お腹の圧迫は、満腹中枢を麻痺させます。

最後に E (elevation) = 拳上です。

患部を心臓より高くあげることで、腫れを早くおさえます。

行きつけの店はどこよりも安く!

私たちはアイシングをつくり、ラップで圧迫して拳上することでクリアしています!

RICE処置は、特に怪我をしたその日は一回ではなく、何回もします。

これまで怪我人が出るたびに、

1日で怪我が治る魔法が身に付かないか、真剣に考えてきましたが、

結論的に、地道にいくしかないみたいです…

地道を繰り返せば、未来チャンだけの魔法が身に付くかも?

ラグビーに怪我は つきものです!

一人一人が処置方法を理解して、なるべく早く怪我をなおしましょう!

コメント

一言どうぞ
:

:
: