Skip to main content.

3年の柳博巨です。

毎朝快便です!

いよいよ予選が始まろうとしております。

それとは関係ありませんが、

今回は自分の趣味についてお話したいと思います。

自分は小さい頃から鉄道が好きで、

友達からは「鉄ちゃん」と呼ばれたりもしています。

オフサイドに注意して猛アタック!

その鉄道の中でも、一番興味のある

883系(パーパーサン) について話したいと思います。

1995年、大分自動車道開通にともない、

高速バスに対抗できる高速列車をJR九州は開発する。

その名も 883系! 通称 SONIC。

営業最高速度は、130キロ。

当時の特急の中でも、トップ3に入るほどの速さ。

博多~大分間を 約2時間で結ぶ。

エイッ! 止マンナイ

また、振り子式電車なので、揺れが無く、車内は非常に快適。

以前の営業列車485系をはるかに上回る利便性と快適性を誇る列車となった。

以降885系の登場により、最高速度は越されるものの、

未だに、博多~大分間の主流は883系であり、

九州を代表する特急として、名を連ねている。

ミッキーマウスの方たちで貸し切り

が しかし、

新型車両の開発の噂が現れており、

SONIC からの降格の危機も予感させる883系。

だが、これからも走れる限り走ってほしいと沢山の鉄道ファンは思っているだろう。

肉食系男子を感じます!

最後に、なぜ自分がこの列車に興味を持ったかというと、

自分が初めてのった特急であり、

乗るたびに躍動感を与えてくれる列車だったからです。

883系にはまだ、引退の時は知らされていませんが、

自分にはもう時間があまり残されていません。

ですが、時間のある限り、

883系のようなスピード感と躍動感のあるタックルを

何度も何度もしていきたいと思います。

花園本線全国大会行き列車まもなく発車!

             ※ 部員リレー日記。 次のランナーは、中村 航大(3年)!

コメント

一言どうぞ
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。