いつか行く道、いつか来た道。