Skip to main content.

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 31 | 32 | 33 || Next»

1月21日(日) グローバルアリーナ(陸上競技場グラウンド)

福  高   対   東海大福岡

※試合の模様の写真は、後日アップさせていただきます。

<前半>

12分、 ア ザ ~ ッ ス!
  Present for 余 you!   (^o^) 

東海大⑬番、80m独走で東海大が先制!

(0 : 7)

23分、 ア 痛 ァ ~ ッ ス
  Oh! don my God !  ^^;

自陣G前からラックサイドを突かれて、東海大の追加点!

(0 : 14)

25分、 ア~ッ  ア ア ~
  Tarzan cry out!

福高⑫濱島のナイスステップで、福高追撃開始!

(5 : 14)

29分、 ア~  カ サ タ ナ
  生 き 死 地 似!

YS(自陣10m右中間)から5次目の攻撃で、
⑩-⑬-⑭-⑧番で、東海大追加点! → 目が点!

(5 : 21)

<ハーフタイム>

走り勝ってる福高が16点差を、後半、いつ追いつき、いつ追い越せるか?

<後半>

1分、前略草々、開始早々 \(^o^)/

福高の足(テンポ)に東海大が付いていけず、福高がノーフォイッスルトライ!

(10 : 21)

20分、時間がかかったが、ここで射程距離!

MS(相手陣右中間Gー22)から3次目の攻撃で、福高⑧谷山がトライ!

(15 : 21)

27分、福高、勝利確信のトライ!

福高トライの瞬間の脳内イメージ

MS(相手陣22m手前右中間)から、福高14次目の攻撃で⑫濱島が仕留める。

(20 : 21)

~ ~ ~ ~ ~

残り3分。 福高ミスなく球を回して走りきれば、今度こそ逆転!

東海大の福高陣への深いキックオフから、福高さあ、行け~!

福高、5次目の攻撃で、⑩-⑫-⑬-⑭のとこで、
南佳孝のスローなブギにしてくれ! いや、江藤星野間のスローがフォワード!

31分、東海大が、シード校として、面目躍如のダメ押し点追加 ↘

試合終了。

(20 : 26)

福高はいいチームです!

次回、福高の 「捲土重来」 をお楽しみに!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 1/21(日) 対 東海大福岡  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①白川学(2年) ②吉田和生(2年) ③中山遥(2年)

④吉村圭一郎(1年) ⑤横溝昂大(1年)

⑥松石晃弥(2年) ⑦西田喜一(1年) ⑧谷山隼大(1年)

⑨児島勘太郎(2年) ⑩有田脩平(2年) 

⑪田代修吾(1年) ⑫濱島海(1年) ⑬江藤有羽大(2年) ⑭星野孔志朗(1年)

⑮井上青空(2年)

16.坂口統哉(2年) 17.山崎和真(1年)

18.亀井恵粋(1年) 19.神戸雄太(1年)

<選手交代>

 後半8分 → ⑤横溝OUT、16.坂口 IN

 後半8分 → ⑭星野OUT、19. 神戸 IN

かきたい! かきたい!

    欲求不満 ♂  じゃないですよ!

書きたい! 書きたい!

    筆おろし、姫始め  じゃないですよ!

描きたい! 描きたい!

    そー、この前(1/14小倉戦) の福高の 試合レポートのことです!

1000☓3゛=かきたい

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

しばらく、天の岩戸に隠れ我独り、暗中に つと無聊を囲っておったところ

なにやら外が騒がしい?

福高が新人戦初戦で、110点も とったとのこと!(12/24の柏陵戦)

日々新又日新

外界のただならぬ陽気に誘われ、岩戸の内から ちと覗き見すれば、、、

OBたちの 「ほー!(感心)」 のご発声に

木原OB会長が満面の笑みとなり

牟田口監督が、満面苦みばしった顔になる

(注) 幸せの到来には疑心暗鬼で臨む彼の人生訓が、この苦みばしった顔

仕事中は疑心暗鬼。 飲み出すと自身呑気。

保護者のお母さんたちの気合の入った 「行け~!」 が聞こえては

子どもたちが、しゃかりきにタックルに行き

お父さんたちが、とっても恥ずかしい思いをしてトイレに行く

と、そこへ、強力な好奇心が 天の岩戸をこじ開け、

1月14日(日)

はっと、我おはしますところは? というと、

福高 対 小倉高校 の対戦会場、春日公園球技場 観戦スタンド!

福高が強かごたーですよ~!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

はじまりから、福高がいい感じ!

前半14分、福高が先制!

G前のラック(グラウンド中央)の球出しから、⑩有田が小倉ディフェンスの裏にゴロパント → ⑫濱島、ドンピシャキャッチしてトライ!

(7 : 0)

ジャパンスタイル!

前半18分、福高追加点!

ML(相手陣10m右サイド) → ファーストキャッチャー⑩のパスが後ろにこぼれるも⑬江藤のナイスセービングでMBキープ → ⑥松石キャプテンの力強いゲインから⑧谷山につながって、⑧谷山が更にゲイン → 22m付近まで前進した福高の素早い球出しは、⑩ー⑬ー⑪田代とシンプルに大外に回ってナイストライ! → 端っこから⑮井上のゴールが決まってこの後のキックに好触感ゲット!

(14 : 0)

野球チームの名がペガサス(空を飛ぶ馬)

前半27分、福高追加々点!

MS(相手陣10m先右中間) → ⑩ー⑫カラ(ダミー)ー⑬イン! → 福高ラックから左に突いて → 右に突いて → ⑨ー⑧-⑦P →左を突いてPからBKへ → ⑩有田ー⑫濱島 → ⑫濱島が相手ディフェンスのギャップを突いて抜け → 小倉の⑭番と⑬番をかわし、G正面へトライ!

(21 : 0)

⑫濱島海(福高の海幸彦)

前半32分、福高PG成功!

(24 : 0)

⑮井上青空(福高のソーラーシステム)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

ハーフタイム

③中山は学年で上から5番の成績!他の部員の背番号は下から何番!の番号?

小倉高校さんに、福高がこのようにセーフティーリードを取ったのは?

公式戦に限らず、これまでにさて、あったかしらん?

いわんや、夏合宿での小倉との対戦なんかときたら、、、

阿蘇(合宿所)からの帰福の車中、

「髀肉の嘆、韓信の股くぐり、ならぬ堪忍 するが堪忍、」 の呪文を

唱え唱えては、怒り心頭し、怒り心頭し過ぎて沸騰し、イカンイカンとなる。

スイマセン!は、ビリーにとって大事な大事な基本プログラム!

あいや、雲外蒼天! 車窓を歩む 山々の新緑を愛で、

脳みそに刻まれそーになった先の怒りのレールからの脱線を試みるも、

また

「髀肉の嘆、韓信の股くぐり、ならぬ堪忍 するが堪忍、」 と唱えだす。

だんだん だんだん と、その呪文にも飽きてきて、最後は

「皮肉の亮(司)、奸臣の股ふぐり、生えぬ担任 剃るが肝心、」

とまー、こーいつも、怒りの矛先が牟田口監督に向かっていくのが常なんでした。

目立たぬよーに♪ はしゃが~ぬよーに♪ お酒の席では無理をせず~♪
他人の懐を~♪ 探り続ける~♪ お酒オクレの~♪ 男になりたい~♪

ところが、今日のこのハーフタイム!

「臥薪嘗胆、拍手喝采、名声赫赫、」 と、

一転! これまでの監督への不信に、我 懺悔!

~ ~ ~

でもでも、やっぱり、幸せの到来には疑心暗鬼で臨む彼の人生訓を、我 尊重し、

「我チン小短、ちあきなおみ喝采、毛髪総々、」

と、こー

最後は喜びの矛先が、やっぱり牟田口監督に向かってしまうんでありました。

452番中452番の学年トップ!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

福高、後半も先制!

後半開始3分。

福高のKOから始まった後半、キックの応酬で福高が蹴り勝ってのMBから → 福高13次の攻撃を連チャンして、フィニッシュは ⑧谷山ドーン!

(31 : 0)

福高軽運送㈱唯一のレクサス!

んがっ!  後半6分、福高失点! 小倉得点!

福高攻撃中にノッコン → 小倉にYBゲットされ、小倉⑨番が福高チームの裏へ抜け出す → ⑫番につないで、その⑫番がロングランしてトライ!

(31 : 5)

小倉祇園太鼓が鳴る瞬間!

後半13分、福高お返し!

MS(相手陣G前右ポール前) → ⑧谷山が排気量、最大トルクとも他と一ランク上をいく馬力を魅せてのトライ!

(38 : 5)

「誰よりも走り、誰よりも激しく、誰よりも前に!」が信条

後半18分、のぼせもん博多町人のDNAがイケイケドンドンと太鼓を鳴らし、福高が追加点! → 両校ハイパントの応酬から福高のハイパントを福高がMBゲット! → 5次目のアタックで⑩ー⑫ー⑥ー⑮と、トライ!

(45 : 5)

「そー行って!」
「そー!」 ←観戦者の岡目八目さん

んが が!  最後は後半28分、小倉に1本やられました。

⑬番に福高ディフェンスの裏に出られ → 小倉発⑮番ホームの快速が、福高ディフェンスを二駅ほど通過しての、小倉のトライ。

(45 : 10)

敵に塩を贈っちゃって、夏合宿が恐いよ?

松石キャプテン率いる 福高の新チームは、パスの繋ぎがいいですね!

阿吽の呼吸よく、阿吽の所(今ココ!)に、皆んなみんなが、よくフォローしてます。

最後の被トライにも、「笑って堪えず心自ずから閑なり」

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

さて! 楽しみな次回の対戦は、

1月21日(日) グローバルアリーナにて!

お相手は、東海大福岡高校さん!

11:00 KO!

福高ラグビー部への応援 よろしくお願いします!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 1/14(日) 対 小倉高校  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①白川学(2年) ②吉田和生(2年) ③中山遥(2年)

④吉村圭一郎(1年) ⑤横溝昂大(1年)

⑥松石晃弥(2年) ⑦西田喜一(1年) ⑧谷山隼大(1年)

⑨児島勘太郎(2年) ⑩有田脩平(2年) 

⑪田代修吾(1年) ⑫濱島海(1年) ⑬江藤有羽大(2年) ⑭星野孔志朗(1年)

⑮井上青空(2年)

16.山崎和真(1年) 17.亀井恵粋(1年) 18.神戸雄太(1年)

<選手交代>

 後半23分 → ⑪田代OUT、18.神戸 IN

 後半25分 → ④吉村OUT、16.山崎 IN

 後半25分 → ⑦西田OUT、17.亀井 IN

コウベじゃないよ。 カンベだよ!
ヤマサキじゃないよ。 ヤマザキだよ! カメドンじゃないよ。 カメイだよ。

5月27日(土)

九州大会福岡県予選 準決勝!

福高のお相手は、相手にとって、不服あり、いや、不足なし!

福高の東に位置する、東福岡高校さんです。

西方浄土の天子、タックルを、東方娑婆世界の天子に痛す、いや致す。

お毛毛無きや、いや、つつがなきや。

スマホで、戦略「簡易十二解」を検索中!

~ ~ ~ ~ ~

結果

福高 17 (3+14) : (40+26) 66 東福岡

ゴ メ ン ナ サ イ !

あ た き ら が、 悪 ~ ぅ ございました!

もう 二度と しません!

ウソついたら、 牟田口センセに、 焼酎 1本、 飲~ ます!

髪 剃 っ た!  いや、 指 切 っ た!

志免っぽい雰囲気

~ ~ ~ ~ ~

始まる前。

今日は いっちよぉ~!

秋の全国大会福岡県予選に向け、相手のパンチの道筋ば、よ~っく 見とこー。

パンチが顔面に炸裂しても、目ぇだけはパッチリあけて、よ~っく 見とこー。

ってな感じで、前半!

福高は6度のダウンを奪われましたが、

毎度、ワン ・ ツー ・ スリー で 立ち上がり、ファイティングポーズ!

だいたい、パンチの道筋に見極めがついてきたとこで、

後半は、ちょろーっと 左ジャブから、ワンツー ワンツー してんもー。

と、

実は、こーゆー、セコンドからの指示が、あったんですね。

何も知らない観戦者の多くは、

福高が前半、手も足も出てないよーに思われたことと、推察されます。

大丈夫! 見切りました!

相手のパンチ(アタック)は、なかなかの迫力がありましたが、

こー き て、 そ ー き て、 あー  な るっちゃね!

というパターンを、実際に目にし、

こー き て、 そ ー き て、 あー、 を どーしたら止めれるものか?

そこから、どー 反撃に出たものか?

よーく 見せて頂き、また、勉強させて頂きました。

舐めんなよ。ツバ臭いけん。

前半初っ端、まず、最初の1本を見させて頂き、、、

こっちは、PGで、すぐ返し、7点差を4点差に詰めました。

相手がどのくらい動揺してるか、それも冷静に見定めました。

前半はその後、5本、計6本取られましたが、

福高はディフェンスに穴が開きながらも、穴のあくほど観察しました。

スイマセン!は、ビリーにとって大事な大事な基本プログラム!

~ ~ ~ ~ ~

ハーフタイムでは、牟田口監督が、穴があったら入れてやりたいくらい、

人目に晒せないくらいの怖いお顔で、チームを仏陀激励、

いや、叱咤激励されていました。

東公園から鳩がやって来てないか? 周囲を見回しましたが、大丈夫!

東公園の鳩も、まさか!

本物の日蓮さんが今この時、春日公園球技場に行かれてるとはつゆ知らず、

パーマン2号ならぬ、日蓮2号が、東公園の留守をしっかり守ってるんでしょう。。

敵国降伏!

~ ~ ~ ~ ~

いざ後半!

後半は、あと4本だけ、東福岡のトライパターンを実地体験しましたのですが、

事前にセコンドからあった指示の通り、

「そろそろ行け!」 ということで、

左ジャブから、ワンツー ワンツーして、福高が2本トライしました。

ヒートアップ!

左ジャブが有効(大ジャブ!)とわかって、、、

ジャブを、ジャブ ジャブ 浴びせかけました。

続く、ワンツー ワンツーも、上手く機能しました。

ちびったっていいじゃないか 中高年だもの

人生はワンツーパンチ!

という あのフレーズが、半世紀ぶりに、ストンと胸に落ちました。

  一 日 一 歩 ♪   三 日 で 三 歩 ♪

    三 歩 進 ん で ♪    二 歩 さ が る ♪

ということは、福高は三日で、一歩進むわけだから~

秋の全国大会県予選までには、50歩進む訳で~

東福岡が、たとえ、一日三歩、三日で九歩、行くとしても、

九歩進んで、八歩下がれば、九日で一步だから~

ウサギとカメ よろしく、カメの福高が、ゴールで追いつき、追い越すという算段!

亀でちゃ 「バコーッ!」 って行けばですね~

ここで、論理の過程は正しいが、そもそも仮定の設定に誤りがある!

と、お気づきの方!

その通り!

その通りを過ぎ、騙されたと思って、3本目の電信柱にブチ当たってください。

軽い脳しんとうを引き起こし、さっきご自身が何に気づいたか?

もう忘れちやってください。

意~地は張っても心の中ぁじゃ~ 泣いているんだ 兄~さんは♪

~ ~ ~ ~ ~

次回、福高は3位決定戦!

お相手は筑紫丘高校さんです。

6月4日(日) 春日公園球技場にて、11:00 KO!

応援よろしくお願いします!

※決勝戦は、東福岡高校 対 筑紫高校  同日同会場にて、12:30KO!







~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 5/27(土) 対 東福岡高校  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①大浦亘貴(3年) ②白川学(2年) ③木村信公(3年)

④大原悠利(3年) ⑤安井健悟(3年)

⑥松石晃弥(2年) ⑦石井隆弥(3年) ⑧谷山隼大(1年)

⑨小池明輝(3年) ⑩児玉 悠一朗(3年) 

⑪安部照史(3年) ⑫有田脩平(2年) ⑬江藤有羽大(2年) ⑭緒方宏樹(2年)

⑮井上青空(2年)

16.中島怜(3年) 17.坂口統哉(2年) 18.吉村圭一郎(1年)

19.横溝昂大(1年) 20.児島勘太郎(2年) 21.西田喜一(1年)

福岡高校が、本年100周年を迎え、

飛 躍 周 年!

復 興!  福 高!  福 多 か 高 校!

と、このよーに、

商人の町を基盤に、そのDNAを継いできた福高は、

元来、のぼせもん(お調子者) なんです!

すぐに調子に乗るとこが、良しも悪しくも、その特徴。

あっちぃ 行っては、調子に乗って 仰向けに ひっくり返され、

こっちぃ 来ては、調子に乗って 仰向けに ひっくり返され、

九 十 九 転 び、 百 起 き!

東奔西走、幾星霜をも 重ね重ねてきた、百年の歴史なんであります。

「牟の狂恥」

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

さて、

ベスト16 からスタートした、今回の九州大会福岡県予選。

福高は、初戦不戦勝(対 輝翔館)にて、ベスト16 をキープし、二合目へ。

次戦(4回戦)の修猷館戦で、ベスト8 に、噛り付いて、もひとつ上によじ登り、

こたび、準々決勝で、福岡工業を 後半でうっちゃって、ベスト4 へ。

額 に手をかざせば、あれよ あらよっと、山頂が見えるとこまでやってきた!

っと、こんな感じ。

のぼせもんの血がうごめき出し、次の相手にアナドラレン? いや、アドレナリンが、

そこかしこで、分泌しきりとなって合流 → 奔流を成してきたものか、

学校関係者はじめ、OB、一般生徒も、福高が優勝したって、えーじゃないか!

牟田口先生が10クラス中ドべの452番やったって、ええじゃないか!

衆の期待は、えーじゃないか えーじゃないか で、

東福岡に勝ち、ぜひ福高に、高校ラグビー界を、世直し して欲しー!

そーゆー気運が、

10万円、5万円、3万円、運命の分かれ道として、蔓延してきた中、

お母さんも忙しい時には、最後カレーで帳尻を合わす

次の準決勝、東福岡戦に勝利すべく、

チームはいま、牟号作戦を、羞恥徹底 しておるところ。

南アフリカを彷彿とさせる、緑のジャージの 東福岡!

対するに、日本代表を放髪とさせる 牟田口監督率いる、紅白ジャージの 福高!

ジャパン福高は、億千万の瞳から発せらるる、篤い 熱い 視線を受け、

練習中の阿吽の呼吸も、

見詰め合う視線が、すでにレーザービームと、化してるんであります。

あくまでイメージよ!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

血に働けば 舞い上がる

情に掉さすと 流される

とかく、このよーに足が地に付かず、気持ちよく浮遊し、いい気になってきたとこで、

閑 話 本 題!

準々決勝の 福岡工業戦を 振り返っていくことといたしましょう。

これはこれで気持ち良く浮遊しとかんといけんね!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

5月21日(日) お天気はハレ ところは東福岡高校

11:20 KO!

<前半>

前半2分。 福岡工業が先制!

KO処理を誤った福高がピンチ → YL(自陣10-22m右サイド)から工業がモールを形成 → 福高が耐えて「ユーズイット!」 → 工業が球出しして2次目の攻撃中に福高のオフサイド → ペナルティタッチを選択するかと思いきや → 工業FWで勝負 → モールを形成され、そのまま押し込まれての福高被トライ。

(0 : 7)

※ユーズイットとは、もうそれ以上押せない、また時間かけすぎ、
  と、レフェリーが診て、早よ 球出しなさいの指示。

フッコー対フッコー

前半の中盤まで、重戦車の工業FWに、福高はラックをめくられ、

ターンオーバーされること、三度。

も、

厠! いや、あわや! と、チビリそーな場面はありませんでした。

ただ、公式戦での途中ビハインドは、まだ前半とはいえ、、、

早よ 早よ 追いついて欲しいの 唯一心!

「ひ」が「し」? 江戸前の寿司屋の看板か?

ウォーターブレイクが終わった前半の中盤以降は、エリア獲得のキックは芳しくなかったものの、福高のいい感じ(テンポ)が出てきて、そろそろ取れそーな感じ。

そろそろ? あちゃー↘  そろそろ? あちゃー↘  が続いてようやく!

前半29分。 福高ここに来て やっとこさの同点!

MS(相手陣10m左サイド) → 福高⑧-⑨-⑪P → ④P → ⑩-⑭-⑮P → ⑨P → ⑧谷山が裏に出てP → ここから4次の攻撃を繰り返したとこで工業にペナルティの笛 → 福高⑨小池にはまって♪、いや、小池がもぐってG正面にトライ!

(7 : 7)

はや、チームの要(かなめ)となりつつある⑧谷山(1年)
大手よりもスキマ産業を狙いそうな⑨小池

~ ~ ~ ~ ~ ~

<ハーハーフーフー タイム>

7 対 7 の同点ってとこが、手に汗握ります。

ハラハラドキドキの 興奮 冷めやらぬ中、

ふと ピッチ内に目をやると、

牟田口監督が、円陣となったチームに 「発破64!」 をかけてます。

アイルランド帰りから此の方、「 に、忍が師!」 と決めておったところ、

やっと やっと、元の牟田口監督の、あの険しいお顔が出現!

腹 から、怒 気 怒 気 の口吻 鳴り止まぬ中、

怒りをオブラートに包むのに、

東京弁を交え交えての 死苦36、八苦72の指示が飛ぶ。

お利口さんの子供たちは、牟田口監督の その 四句 八句 の内、

一番おっしやりたいんであろう 一句だけを受け取り、魂のタコメーター上昇!

ディフェンスの時こそGo! Go! アタックチャンス25!

~ ~ ~ ~ ~ ~

<後半>

後半10分。 福高追加点で、やっとこさやっとこさの、この試合初めてのリード!

MS(相手陣G前右サイド)の福高のチャンス! → ⑨-⑫Pのとこで工業にボールをパクられYB! → 工業もせっかくMBにしたものの、エリアは背水の陣 → ラック、ラック、ラックへの福高のプレッシャー強く、工業はエリア脱出の突破口を見いだせずにペナルティ → 福高、ココがチャンス!と、クイックスタート → ④P(G正面もちょっと左) → ⑦左へP → ???が左45度にトライ!

(12 : 7)

次!次!にタタミコム!

後半24分。 福高追加点!

ML(相手陣22m手前左サイド)からの球出しはハンブルするも、⑭P → ⑩P → ⑨ー⑦石井が、ココ狙い目と、道筋(トライコース) 決めて、ナイススピードでイン! → そのままG左45度の位置に走り込んでトライ!

(19 : 7)

ボールが跳ねると~♪ 胸が弾むわ~♪

その後、両校のいいとこが出て、攻守交代がそれぞれに繰り返されましたが、

両校、得点に至るチャンスはなく、ノーサイドの笛!

そろそろ東公園に帰って日蓮上人の仕事せんと!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

次の東福岡戦まで、牟田口監督の東京弁の指導が増えてくるに従い、

お利口さんの子供たちは、その言わんとするとこのエキス!

「我無者等」 を感じ取ってくれることでしょう。

レクサスに軽自動車が勝つには、小回りを活かし、

飛 躍 周 年! の看板しょって、「我無者等」 に!

膝下に!
牟の境地!

準決勝は、5月27日(土) 春日公園球技場にて

11:00 KO!

福高ラグビー部への応援 よろしくお願いします!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 5/21(日) 対 福岡工業高校  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①大浦亘貴(3年) ②白川学(2年) ③木村信公(3年)

④大原悠利(3年) ⑤中島怜(3年)

⑥松石晃弥(2年) ⑦石井隆弥(3年) ⑧谷山隼大(1年)

⑨小池明輝(3年) ⑩児玉 悠一朗(3年) 

⑪安部照史(3年) ⑫有田脩平(2年) ⑬江藤有羽大(2年) ⑭緒方宏樹(2年)

⑮井上青空(2年)

16.安井健悟(3年) 17.坂口統哉(2年) 18.吉村圭一郎(1年)

19.横溝昂大(1年) 20.児島勘太郎(2年) 21.西田喜一(1年)

<選手交代>

 後半0分 → ⑤中島OUT、16.安井 IN

九州大会福岡県予選

福高の初戦は、当初 5月7日(日)、輝翔館高校さんとの対戦だったんですが、

輝翔館さんから、メンバー15人が揃わない!

との連絡が、事前に大会本部に入りまして、

福高は不戦勝で、5月7日 を乗り切り、

よって、次の週、5月14日(日)が、福高の実質上の初戦となりました。

その5月14日、初戦のお相手は、シード校(ベスト4)の修猷館高校さん。

福高ラグビー部のひとつ下の弟

少し前の4月26日(水)に、

福中・福高100週年の記念試合で、対戦したばかりのお相手。

その折は、35 対 0 という福高の快勝で、

福高がハレの日に花をもたせていただいたものの、

この日は、公式戦!

に 増して、修猷館にとっては、記念試合 敗北からの雪辱戦!

第三者の厳しい目からは、

福高の力が本物かどうかを見定める試金石となるゲーム。

見定める、金貯める、酒舐める

会場は、太宰府の筑紫台高校グラウンドでした。

お天気は快晴でしたが、

風が強く、キックコントロールが難しいこの日のコンディション。

も、

今あるコンディションと、チーム状況で、

頭と体を使って、最大限の力を発揮するのがラグビー。

与えられた場所を生きる!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

<前半>

12:20 KO!

修猷のKOから始まったゲームは、いきなし福高のオフサイドで福高ピンチ! → YL(自陣右サイド、22m-G) → 修猷のノットストレートで福高ピンチ脱出!

2分後、ペナルティで、また福高ピンチ! → YL(自陣右サイド、G前) → 再度ペナルティ(レフリーから注意)で、またまたピンチ! → YS(自陣右サイド、22m-G) → 修猷⑨ー⑧Pから、ラックサイドーラックサイドを何度も突かれるが、福高しのいで、しのいで、オーバーしたか?のとこで、修猷にペナの笛!

ここから両校、攻防が行ったり来たり! <こーたりごーたい>

今度は福高の番! → キック、キックで相手陣に入り福高が蹴り勝ってチャンス到来! → ML(相手陣左サイド22m) → んが?YB! → 今度は修猷が反攻 → も、YL(相手陣右サイド10m)で、福高の競るプレッシャーが修猷にあるものか?修猷またもノットストレート! → 今度は福高が反撃!いい展開で相手陣22mまでゲインしていくもパスミスでノッコン → YS(相手陣左中間22m手前) → 修猷第2CTBがインしてきたとこで、修猷第2CTBのノットリリースザボール!

③木村キャプテンの懐に赤子のボールが!

前誰もおらん? トライ?

⑬江藤がバンザイ? トライ?

修猷館の意地!

前半17分。 福高PGを狙う! → 福高先制!

(3 : 0)

前半19分。 修猷が逆転のトライ!

修猷のKOの処理を、福高がダイレクトタッチし、ピンチ!
→ YL(自陣右サイド22m手前) → 修猷モールを形成 → 蛇行しながらゲインされ、修猷モールでのトライ!

(3 : 5)

だ~るまさんが~

ラグビーフットモール

この後、前半25分に、YL(自陣10m手前右サイド)から修猷にモールを押され →福高⑦石井がシンビン → YL(自陣G前右サイド)のピンチ → 再度モールを形成されるも、 → 修猷のオブストラクションで福高ピンチ脱出!

授業中も手ぇ上げろよ!

ここから両校、またも攻防が行ったり来たり! <こーたりごーたい>

ピンチ脱出後、ML(自陣10-22m右サイド)からの福高のキックがダイレクトタッチでまたまた修猷ボール → YL(自陣22m先右サイド)から修猷⑩番がノットリリースで福高ボール → ML(自陣10m手前右サイド)から福高⑫有田のキックを修猷がチャージ! → 福高自陣インゴールに球が転がるも、福高が押さえてドロップアウト → 福高のドロップアウトから修猷が攻撃中に福高がペナルティ → YL(自陣右サイドG前)のピンチに福高がMBゲット! → YL(自陣22m右サイド)から福高が競り勝ってMB! → 福高⑨児玉がタッチでピンチ脱出! とこー目まぐるしくアタックとディフェンスが行ったり来たり。

※⑦石井のシンビンがここで解けてピッチにイン!

ML(自陣10m右サイド) → 福高⑨ー③ー⑦P
→ ⑩児玉がダイレクトタッチするも、ここで前半終了の笛!

一休み 中休み

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

<ハーフタイム>

3 : 5 の福高2点ビハインドで前半を折り返しましたが、

後半はどちらが 意地で走り勝つか!

アイルランド帰りの牟田口監督が、

子どもたちの円陣の中で、なにか一言、二言、、、

Bakko-ttai!  Tamashii yaro-ga!  Ite komashi taran ka~i!

と、流暢な 害 酷 語 で、ハッパをかければ、

アイルランド帰りの牟田口監督

日頃お利口さんの子どもたちの形相が、かなりガラの悪い形相にうって変わり、、、

「親分!行ってきやす!」

「福高の看板背負っとりますけん!」

「親分の頭には指1本、触れさせまっしぇん!」

と、こー エッチ男結! いや、一致団結!

照り返し眩しい、牟田口親分を背にして(後光にして)、

後半の決戦場へ、いざ 殴り込み!

殺身為仁

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

<後半>

後半初っ端も、風を読みきれない福高のダイレクトタッチがあり → YL(自陣22mーG右サイド)のピンチ → 修猷やっぱりモール! → ヤバ? ヤバ?って押されてインゴールへ~ メーイッパイ ヤッパイ ペーン? → ふーn! 福高、徳俵で持ちこたえてパイルアップアッポーペーン(グラウンディングが不確か) → チビッタ!

赤あげて、青あげないで、赤あげる!

ここから福高のいい展開で⑧谷山が裏へ出てゲインも → 修猷がターンオーバー → 修猷ハイパント → 福高⑩児玉が相手陣左コーナーへナァ~イスタッチ!

福高チャンス!

ML(相手陣G前左サイド) → 今度は福高がモールで押す → 修猷ペナで再度福高のチャンス! → 再度YL((相手陣G前左サイド) → 福高モールで勝負! → 行ったか? → 修猷も徳俵でなんとか持ちこたえパイルアップ!

百周年! 飛躍周年!

福高チャンス継続!

後半9分。 福高ついに逆転!

MS(相手陣G前左サイド) → 福高⑨ー⑫有田イン → 福高ラックサイド突いてトライ? → もいちどラックからの攻撃はラックの上を乗り越えて⑦松石がトライ!

(8 : 5)

イイね!低いね!

後半14分。 福高PGのチャンス!
22mライン上G正面からPG決まって、福高6点差とリードする追加点。

(11 : 5)

ボディーブローのよーな3点が追加!

この後も、今日のゲームで象徴的であったお互いのミスもあり、

両校共にとどめを刺せないもどかしさの中、

※福高はダイレクトタッチ。 修猷はラインアウトでのノットストレート。

じ わ じ わ と 走り勝ってきた感のあるのは、福高!

走り勝ってきてる分、タックルも 前へ前へ倒す、攻めのタックルに!

※27分の⑪安部、31分の⑭緒方、32分の児玉、ナイスタックル!

 
後半29分。 福高がトドメの追加点をゲット!

ターンオーバーからBKに回した福高は、⑪安部が勝負!

左ライン際、対面と横からもう一人ディフェンスに来ましたが → なんと⑪安部が強い! → 二人のディフェンスを蹴散らして、最後にフォロワーのタックルも、カットインステップでかわし、G正面に走りきってのナイストライ!

(18 : 5)

自己暗示で

「ゾーン」に入った!

☆よくできました☆

ポップコーンの様に喜び跳ねてます

※リレー日記に安部がアップされてますので読んで下さいね!

お兄ちゃんがオクラホマミキサー教えちゃーけんね。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

さあ!次!次!

次は準々決勝、5月21日(日)

お相手は、福岡工業高校さん。

東福岡高校グラウンドにて、12:20 KO!

アイルランド帰りの牟田口監督の害酷語の指示に感化され、

ちょっと人相が悪くなってきた、いや、頼もしくなってきた福高ラグビー部!

応援よろしくお願いします!

あんがと! これ少ないけど皆でアクエリアス(2l入)ば回し飲みし!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 5/14(日) 対 修猷館高校  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①大浦亘貴(3年) ②白川学(2年) ③木村信公(3年)

④大原悠利(3年) ⑤中島怜(3年)

⑥松石晃弥(2年) ⑦石井隆弥(3年) ⑧谷山隼大(1年)

⑨小池明輝(3年) ⑩児玉 悠一朗(3年) 

⑪安部照史(3年) ⑫有田脩平(2年) ⑬江藤有羽大(2年) ⑭緒方宏樹(2年)

⑮井上青空(2年)

16.安井健悟(3年) 17.吉村圭一郎(1年) 18.児島勘太郎(2年)

19.西田喜一(1年)

<選手交代>

 なし

福中・福高! 飛 躍 周 年 の 100周年! 

大隅先輩がノーベル賞を受賞されたところから、

どうも福高が追い風に帆をあげる勢いで、100周年の潮流に乗った模様。

上昇気分で盛り上がる全国の福中・福高OB、

そして地元のOB、現役一般生徒の期待の中、

ラグビー部が100周年記念事業の先陣を切って、いざその晴れ舞台へ!

野球のプレイボールはこの時まだ未定

鯛しゃぶか?  いや、ダイジョブか?

ビビンバよ!  いや、ビビンナよ!

ミネストローね!  いや、わかっとろーね!

と、ラグビー部のOBとしては、家族と団欒の夕食時も、試合日が近づくにつれ、

心肺止まり、いや、心配しきり!

心 ここにあらず、心 あっちこっちに飛び回っては、

フマキラーでシュッと、

ブンブン飛び回る、そのうるさいわが心を、やっつけていたものと思われます。

ブンブン飛び回れよ

さて当日。 4月26日(水)

修猷館高校との記念試合   ※AM ラグビー と PM 野球 (雨のため中止)

会場は、春日原球技場。

前日から降りしきる激しい雨も、

KOの10:40 の頃には、天も小雨となって、どうやら一緒に観戦される模様。

ラグビー部に入ってオトコになろう!

芝生のバックスタンドは、地面がビショビショのため、

メインスタンドは、両校全生徒と、OB、保護者、関係者の観戦で、超満員!

アルゼンチン?
ジャパン?

修猷館高校さんには、この日授業をお休みしていただき、

この記念試合へ全校応援!  ※もちろん、我が校も全校応援!

という、我が校100周年の節目を、学校をあげて寿いでくださることとなりました。

ありがとうございます!

井上校長 と 江口館長

<前半>

前半3分。 福高先制!

ML(相手陣10m-22m 右サイド) → 福高左へ → ⑫有田がラインブレイクで裏に出た → フォローのキャプテン③木村に渡ってトライ!

(7 : 0)

 ※⑫有田脩平(2年)は玄海Jr出身。
   元々CTBだったが、自ら志願し、福高でFWに転向(1年時)

青ヤギさんからトライをとれた♪ 赤ヤギさんったら知らずに吠えた♪

前半は両校合わせてこの得点のみだったのですが、

※ (7 : 0) 福高リードでの折り返し

福高は初っ端から前に前に出るディフェンスがはまり、この待望の先制点。

前半6分には、自陣22mから修猷館FWにモールで押され、あわや!

あわや!

というピンチがあったものの、

地面にあるイーブンボールを、この日必ず先に制した福高が、

このピンチにも、ナイスセービングでマイボールゲットし、

主導権を再度、もぎ取った感じ。

前に!

前半10分には、スタンドで観戦の森前監督が、

「もうそろそろ前半が終わろー?」 というご冗談もありましたが、

前半終了時が近づく頃には、福高、もう1本! もう1本! ってな感じで、

福高サイドからは、前半の30分がとっても短く感じられたよーな次第。

気合い! 魂~!

その後も、前に前に襲い掛かる福高のディフェンスが、修猷館のゲインを許さず、

スクラムはイーブンも、キックでエリアを制し、ラインアウトで優位を保ち、

キックパスや、チョコパント(ゴロパント)で、

広いインゴールに、トライチャンスを狙う、、、

福高スクラム負けない。
福高ラインアウト負けない! インディアン嘘つかない!

100周年で、絶対恥じかけん! の気持ちが、

いい方に、いい方に働いて、福高の奔放溌剌なプレイに結実した模様。

「ラグビー部に入ったら、女の子にモテモテげな!」

<ハーフタイム>

牟田口監督のピッチでのお姿、立ち居振る舞いが、いつもと違って見えました。

脚も長く見えましたっし、鼻も高くシュッとして見えました。

淫グリッシュで必要最小限の指示を出してるよーな、、、

ある種、スマート感をも 醸し出してました。

  I have a appou?  I have a ben?

                   ア~ン   アポ = 便?

  I have a donut?  I have a appou?  I have a ben?

                   ア~ン   どーなっとー? アポ = 便?

なぜか?

牟田口監督は、つい先ごろまで、約3週間にもわたって、

高校日本代表を副団長として率い、アイルランド遠征に行かれてたんです。

そこで得たナニカが、きっと、ナニカのマジックを、ナニカの間違いで、

帰国後間もない、この短期間、、、

チームに、そのエキスを注入したんじゃなかろーかしらん?

アイルランド帰りの牟田口監督

今まで、
お寺のご住職のイメージでしか見てなくて、ゴメンナサイ!

ああ、本当は

ユルブリンナーか、ブルースウィルスのよーにカッコイイヒトだったんですね!

今まで、
仕事してるふりして、してないとばっかり思ってて、ゴメンナサイ!

ああ、実は

焼酎ガブガブ飲みながらも、緻密な戦略をいつもいつも妄想されてたんですね!

今まで、
お金も、度量も、髪の毛も、なーんにも持ってないとバカにしてて、ゴメンナサイ!

ああ、実は

ココッ! という時に勝負強い、ナニカを持ってらっしゃったんですね!

お手手 と お手手のしわ を合わせて、しあわせ! 南 ~ 無 ~

一休み ずる休み

<後半>

後半1分。 福高初っ端、追加点!

福高KO → 修猷館⑩番のキックを、福高⑩児玉がチャージ → ボールはインゴールへ → ⑩児玉がインゴールで押さえてトライ!

(14 : 0)

福高のチャージ料は高いよ! 触っただけで7万円!

後半22分。 福高、追加点!

MS(相手陣22m -G 左中間) → ⑧谷山(1年)-⑨小池ー⑫有田インP → 福高はFWにこだわってラックサイドを突いて、突いて8次目、⑨小池が潜ってトライ!

(21 : 0)

いけいけどんどん!

後半28分。 福高、追加点!

YL(相手陣G前 左サイド) → 修猷館のファーストキャッチャーに福高がいい出足で襲い掛かる → 福高⑩児玉、⑫有田のダブルタックルでターンオーバーしたところ → すでにインゴールに届いててトライ!

(28 : 0)

出足はワンジョンいいが、足クセヨ。 顔さ母似ダ。

後半31分。 福高、追加点!

修猷館の⑫番に大きく自陣へゲインを許すピンチから → 福高マイボールゲット → ⑬濱島が今度は逆に大きく相手陣へゲイン → 23番左WTBの星野(1年)に渡って相手陣左コーナーに福高迫る → ラックサイドを5度突いた後 → 福高⑨からのBKへの球出しは → ⑩児玉が右コーナーへキックパス → 対面ディフェンスのいない状態で位置していた⑮井上がスッポリキャッチ&トライ!

(35 : 0)

相手陣左コーナーに福高迫る!
キックパス成功!

試合終了の笛! ノーサイド!

新島杯ゲット!

<お礼>

修猷館高校のみなさん!

 全校応援ありがとうございました!

両校の校長先生はじめ、先生のみなさん!

 ご準備・ご手配、ありがとうございました!

その他、両校の生徒・OB・保護者、関係者のみなさん!

 応援ありがとうございました!

100年の節目に、修猷館さんという良きパートナーがいてくれて、

 福中・福高は幸せ者です!

修猷館さんに追いつけ追い越せで、

 福高は躍進していきます!

これからも、両校、良きパートナー、良きライバルとして、

 切磋琢磨していきましょう!

前に前に! 気迫っ!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

<追記>

4/29(祝) 「三校ラグビー部OB交流会」 ということで、

筑紫丘高校OB、修猷館OB、福高OB、3校集ってOB戦を行いました。






会場は、筑紫丘高校さんのグラウンドで、大変お世話になりました。

 オーバー40 (15分) の三つ巴(3本)

 アンダー40 (20分) の三つ巴(3本)

お天気にも恵まれ、毛が無い人の参加が多く、

おかげさまで怪我無く、交流させていただきました。

アンダー40 で筑紫丘OBが、福高に勝って盛り上がりました。

ゲンエキハ、コンドハマケンヨ!


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

18時半からは会場を移して(アークホテルロイヤル福岡天神)、大懇親会!


150名を超える三校のOBたちが、老いも若きも、高校生になり切っておりました。

 ※ホテルのお給仕の方々から見れば、やたら声のデカい酔っぱらいのオッサン

司会進行や、三校のVTR上映(制作)など、福高にお任せいただいたことで、
         ※ヒデトシ! VTRセイサク、アリガトウ!

多少、福高色が強く出てしまいましたこと、お許しください。

100周年でちょっと浮かれとっちゃね。 しょんない。 しょんない。

と、こー ご寛恕いただけること、願っております。

楽しい会でした!

三校の世話人、

堀内先輩(修猷館)、坪田先輩(筑紫丘)、永留先輩(福高)をはじめ、

この日の準備に携われたであろう多くのOBの皆様に感謝申し上げます!

三校から、どっか花園出場が決まったら、

三校OB大応援団で花園に応援に行きましょう!














~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 4/26(水) 対 修猷館高校  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①大浦亘貴(3年) ②白川学(2年) ③木村信公(3年)

④大原悠利(3年) ⑤安井健悟(3年)

⑥松石晃弥(2年) ⑦石井隆弥(3年) ⑧谷山隼大(1年)

⑨小池明輝(3年) ⑩児玉 悠一朗(3年) 

⑪若井純基(3年) ⑫有田脩平(2年) ⑬濱島海(1年) ⑭安部照史(3年)

⑮井上青空(2年)

16.福重碧時(3年) 17.中島怜(3年) 18.坂口統哉(2年)

19.吉村圭一郎(1年) 20.緒方宏樹(2年) 21.江藤有羽大(2年)

22.吉田和生(2年) 23.星野孔志朗(1年) 24.児島勘太郎(2年)

25.西田喜一(1年)

<選手交代>

前半22分、⑪若井 OUT。 → 23.星野 IN。

後半、④大原 OUT。 → 17.中島 IN。

後半、⑬濱島 OUT。 → 20.緒方 IN。

あけまして ずいぶん経ちましたが、

あけまして おめでとうございます。

今年も よろしくお願いいたします。

庭には二羽鶏がいる。 坊主が上手に某図でこっそり千?をかいた。

~ ~ ~ ~ ~

あ け お め こ と よ ろ

娘からのメールで、これを見たときには ビックリしました。

家内に、いったいこれは、どうゆーことか? と、禿げしく問い詰めました。

今の若者がよくやる、言葉を短縮し(端折り)、電報のように

必要文言だけを抽出して 発信したものだとは、すぐに想像がつきましたが、、、

~ ~ ~ ~ ~

まず、1月1日という日に 受信したというタイミングで、

「 あけ 」 が、「 あけまして 」 だとは、ピンときます。 

んが、

次の、「 おめ 」 がイケマセン!

この二文字を いきなし突きつけられたら、あなたは咄嗟に何を思うか?

日本の中高年男性 100人に聞いたならば、

ぽっと顔を赤らめるか、 ニヤリ、いや ニタリとするか、 モジモジするか、

この三パターンの 不審な挙動を示す人が 100人中100人だと思います!

                    (ドン!  チガウッ! トイウヒトハ、ナノリデナサイ!)

~ ~ ~ ~ ~

ということで、堂々日本の 中高年 真っ只中であります私が、

「 あけおめ 」 ときたら、年のはじめの 「 姫 始 め 」

と決めつけてしまうのも、むべなるかな、ではないでしょうか!

                          (ドン!   ソーデショーガッ!)

~ ~ ~ ~ ~

さて、一旦、「 あけおめ 」 の意を、こー決めつけてしまうと、

次に続く、「 ことよろ 」 の意は、もうまちがいなし!

中高年男性の100人が100人、帰結するところの その意訳は、

そー、その通り!

  「 ことによろしかった!」

               (ドン!  モンクアッカ!)

つまり前後をつなげて一気に、娘からの電報メールを訳すると、、、

  「 元旦初っ端からの 姫始めが、ことによろしかった!」

と、、、

~ ~ ~ ~ ~

お母さ~ん (家内)!

娘は どげんなっとーと(怒)!

と、こーなるのは、娘からしたら、迷惑千万 かもしれませんが、、、

中高年男性、しかも、子を思う父親からすると、もっとも千万!

~ ~ ~ ~ ~

話が このように 私的なことで、ダラダラと始まると、

このブログを ご承知の方は、

  「 いい試合じゃなかったちゃね。」

  「 レポートしたくないっちゃね。」

と、こーすべてを ご理解頂けるから、話が早い!

そー! その通り!

その通りを過ぎて、次の信号を右に曲がって、三軒目です。

~ ~ ~ ~ ~

話がこのように、いきなし違う方へ飛んで行き、煙に巻くのも、

このブログを ご承知の方は、

  「 どーしてもレポートしたくないっちゃね。」

  「 無かったことにしたいっちゃね。」

と、こーすべてを ご理解頂けるから、やっぱり話が早い!

そー!

負 け お めー (怒) よ ろ よ ろ (フラフラ)

なんでした。

  1月15日(日) 13:40 KO

    春日原球技場に於 (新人大会福岡県予選3回戦)

    <筑紫丘 28 (7 + 21)  : ( 3 + 7 ) 10  福 高>

旗幟鮮明!

間食せんめー!

負けまして

おめでとうございます

~ ~ ~ ~ ~

ほーらやっぱり、これで終わらせよーという魂胆やね、

と思われた方!

そー! その通り!

その通りを過ぎて、三本目の電信柱ぁ 目がけてブチ当たり、

軽い脳しんとぉ ひきおこして、もー忘れてください!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

さて、リセット! 再生!

「 弱い 」 を自覚したからこそ、あとは伸びしろ大!

木村キャプテンを盛り立て、みんなでオイサオイサしていこう!

ここからは、やっぱり、「 我 無 し ゃ ら!」 

福高ラグビー部への応援 よろしくお願いします!
         
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 1/15(日) 対 筑紫丘高校  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①大原悠利(2年) ②大浦亘貴(2年) ③中山遥(1年)

④木村信公(2年) ⑤中島怜(2年)

⑥松石晃弥(1年) ⑦安井健悟(2年) ⑧石井隆弥(2年)

⑨小池明輝(2年) ⑩児玉 悠一朗(2年) 

⑪若井純基(2年) ⑫有田脩平(1年) ⑬江藤有羽大(1年) ⑭安部照史(2年)

⑮井上青空(1年)

16.福重碧時(2年) 17.白川学(1年) 18.緒方宏樹(1年)

19.吉田和生(1年) 20.坂口統哉(1年) 21.児島勘太郎(1年)

<選手交代>

前半25分、⑩児玉 OUT。 → 18.緒方 IN。

・12月24日(土)

 福岡工業高校 さんとの練習試合は、

 福大グラウンドにて、11時KO!

    福高 33 (26+7) : (5+10) 15 福岡工業

・12月28日(水)

 小倉高校 さんとの練習試合は、

 さわやかグラウンドにて、15:30KO!

    2本 対 2本 で、おあいこ でした。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

福高の新チームは、

キャプテン → 木村 信公

きむらのぶひろ

バイスキャプテン → 児玉 悠一朗

こだまゆういちろう

フォワードリーダー → 安井 健悟

やすいけんご

バックスリーダー → 小池 明輝

こいけはるき

12月30日、

福高ラグビー部は、花園観戦に行き、イメージトレーニングをしてきます。

~ ~ ~ ~ ~

新人戦の福高初戦は、

来年、1月15日(日)、春日公園球技場にて、13:40KO!

応援 よろしくお願いします!

~ ~ ~ ~ ~

来年が いい年でありますように!

前夜、明日の決戦を期し!

思い思いに、意気昂揚 をはかって眠りについたであろう部員たち。

福高の眠りを覚ます(ぞ)! 上気せむ! たった たっくる! で 夜も眠れず!

牟の境地!

~ ~ ~ ~ ~

10月30日(日)

東福岡高校との対戦! (福岡県予選準々決勝)

午前10時59分! <11時KO!>

両校のスターティングメンバー15人相対し、ずらり並んで礼!

ドデカイ鉄の船団に、火縄銃の100倍も おっきな 大砲!

膝下に!

昨日までは、攘夷、攘夷、とはしゃいでおったが、

どーも、花園までの 燃料 と 食料 が欲しいだけの話しらしい、、、

校長先生にお伺いたてることなく、ここは黙って、千代グラウンドを引き渡そーか?

いやいや、ここで戦い、福高ラグビー部 恐るべし! ば みせとかんと、

次代の部員たちが なめられる、、、

輪 をもって尊しとす。

~ ~ ~ ~ ~

牟田口監督による、開戦前の陳述によれば ~ ~ 

東福岡の主張に屈服すれば、亡国必至であるが、

戦うもまた、亡国であるかも知れない。

すなわち戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国を免れぬとすれば、

戦わずして亡国にゆだねるは、身も心も福高永遠の亡国であるが、

みごと戦って母校の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも、

母校護持の精神がのこり、次代の部員達はかならず再起三起するであろう。

福高ラグビー部としてはもとより、

あくまで婚前、いや、外交交渉によって目的貫遂を望むものであるが、

もし不幸にして開戦と決し、大命が発せられるようなことになるならば、

勇躍 戦いに赴き、最後の一滴、いや、一兵まで戦う覚悟である!

福高ラグビー連合艦隊司令長官

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

福高は、勇躍 戦いに赴き、最後の一兵まで戦いました。

特に後半は、コンタクト(体ごと当たる!) 激しく、

東から西進の黒船を何度か、敵陣22m海域まで押し込みはしましたが、

東福岡の要塞、堅固・堅牢により、

もうちょっと! と、よじ登ったところで、

ビューンっと、東福岡のジェット機がボールをかっさらって

がら空きの福高本陣へ、何度も 何度も 飛んで行くこと 度々、、、、

あっち向いてホイパント!
あっち向いてホイとボールイン!

敵ながら あっぱれ!

感嘆の 「ほー!」 が、思わず口から漏れる、東福岡のあっぱれさ!

観戦者の口から、「ほー!」 が出るたび、

福高は、「ほーほー」 の体で、自陣Gポストの下に集まりますが、

相手のコンバージョンキックが済むと、

次! 次! と、福高、再度、二〇三高地 を目指し、勇躍前進!

この勇躍前進の くり返し、くり返しが、最後、福高に実りました!

ターンオーバー♪ くやしいけれど♪ 終わりにしよう♪ きりがないから♪
ターンオーバー♪ 泣くな男だろ♪ 東のことは早く忘れて♪

後半21分。

MS(相手陣22m-G左サイド) → 福高⑨小池のパスはスタンドオフの位置にいたキャプテン⑬鳥越がファーストキャッチ! → 迫る対面ディフェンスの裏にチョコパント! → ⑬鳥越自ら押さえてトライ!

(7 : 110)

チョコパント!
おむすびころりん!
まもなくパックマン!
20回タッチダウンして100点!&コンバージョン20回の権利獲得チャンス!
いいか!20回地面にボールば叩きつけるとぞ!
あーっとぉ! 1回しかタッチダウン出来ず! オシイ~!

これまで沈黙を守って、しびれを切らしていた福高応援団が、欣喜雀躍!

蝋人形のよーに微動だにしなかった応援団の雀たち、この日はじめての稼働!

できることなら、このまま、ええじゃないか ええじゃないかで、

世直し、世直し、と踊り続けたいとこだったしょうが、

そこはさすがに日頃の鍛錬の賜。

太鼓うっ叩き、ドンドコ ドンドコ ドコドコ ドン! で 寂!

フレッ!フレッ!フッコ! がやれて、良かった!良かった!

保護者も出てきてこんにちは! 今晩一緒に飲みましょお♪ と、

できることなら、このまま、ええじゃないか ええじゃないかで、

やり直し、やり直し、と

保護者は、このトライに10点あげたいとこだったでしょうが、

自ら咆哮した 直近の雄叫び を恥じて 寂!

物言えば唇寒し秋の風

OBは、何度かっとばしても、何度かっとばしても、OBで、

身体が前半はずっと右ドッグ、後半はずっと左ドッグレッグしてたところ、

ここで背中がシャンと真っ直ぐに戻り、やっとフェアウェイの定位置に付けた感。

できることなら、このまま、ええじゃないか ええじゃないかで、

口直し、口直し、と一杯グビーッとやりたいとこだったしょうが、

そこはさすがに星霜を経た年輪の賜。

生唾飲み込んでインプットし、大咳一喝、痰をアウトプットして 寂!

福高にラグビーの推薦が増えたって、ええじゃないか!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

東福岡 124 (68+56) : (0+7) 7  福 高

  勝つと思うな~♪ 思えば 負けよ~♪ 負けてもともと~♪

この歌は、実力が拮抗した相手との戦いの前に、自らのプレッシャーを除く歌。

で、今回は、これでいきましょう!

  心配ないからね♪  君の勇気が♪ 

  誰かに届く♪  明日はきっとある♪

  どんなに困難で♪  くじけそうでも♪

  信じることさ♪  必ず最後に福高が勝つ~♪

デッ?       パソコンの前の人! オッ!って言いよらんめー?

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

<3年生のみんなへ>

くやしい、たのしい、きつい、悲しい、面白い、を共に分かち合えた

一生の仲間が、福高ラグビー部を通して、できたことと思います。

3年間の仲間、そして自分の頑張りを心の宝に、ネクストステージも前に前に!

<1、2年生のみんなへ>

来シーズンは、新入部員20名勧誘目標!

仲間が増えると、くやしい、たのしい、きつい、悲しい、面白い、がもっと増える!

そしてそれが増えると、チームがどんどん強くなる!

来年、福高ラグビー部ば強くして、世間ば見返しちゃれ!

<保護者の皆様へ>

縁の下の力持ちとして、チームへの数々のサポート ありがとうございました!

これからも福高ラグビー部への応援 よろしくお願いします!

鳥越キャプテンおつかれさん!
応援ありがとうございました!
いーや!俺みたいに なるなよ!
いーや、授業ん時、横断歩道渡る時、明日からどんどん手ば挙げていけ!
谷川、鶴、久芳、初心者でよくガンバッタ!
ハゲめば~♪ 尊し~♪ 我が師の恩~♪
千代グラ~♪ 準備も~♪ はや行くとせ~♪
思えば~♪ 意図とし~? この腰つき~♪
今こそ~♪ 別れめ~♪ いざさら~ば~♪

~ ~ ~ ~ ~

最後に、校長先生をはじめ、学校関係者の皆様方には、

いつもラグビー部を温かく見守っていただき、改めてお礼申し上げます。

応援ありがとうございました!

顔晴れよ!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 10/30(日) 対 東福岡高校  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①大浦亘貴(2年) ②篠原佑輔(3年) ③大原悠利(2年)

④木村信公(2年) ⑤安井健悟(2年)

⑥松石晃弥(1年) ⑦鶴雄介(3年) ⑧久芳銀河(3年)

⑨小池明輝(2年) ⑩児玉 悠一朗(2年) 

⑪若井純基(2年) ⑫奥本竜央(3年) ⑬鳥越賢太郎(3年) ⑭安部照史(2年)

⑮山中宣里(3年)

16.高山晃哲(3年) 17.白川学(1年) 18.谷川優也(3年)

19.石井隆弥(2年) 20.中島怜(2年) 21.有田脩平(1年)

22.江藤有羽大(1年) 23.坂口統哉(1年)

10月23日(日)

福高初戦! (全国大会福岡県予選4回戦)

お相手は、九国大付属高校さん。

ドンクライ オッキイ カッ テイウト ↓↓

こんくらい大きいです!

東福岡高校グラウンドを会場に、12:20 KO!

接 戦 で し た (汗)!

一喜一憂、が 何度も 何度も 往復し、十喜十憂!

ハラハラ・ドキドキ、も 攻防入れ替わる毎、心中常に、晴ら晴ら 怒気怒気!

タラリタラリ滲み出る脂汗も、最後はなんとか冷や汗をかいたね!

で、ノーサイド!

ドンクライ ドキドキシタ カッ テイウト ↓↓

こんくらいの doki doki

さて、その十喜十憂、晴ら晴ら 怒気怒気 の往復を、

以下、時系列で追ってゆきましょう。

このデザインで背中に入れ墨あったらオトロシーよ!

前半1分。

九国のKOから始まったゲームは、福高、幸先よくノーフォイッスルトライ!

(7 : 0)

リーグ優勝チームが、CSで1勝のアドバンテージもらった感じ

前半15分、福高、追加点!

⑭山中が右コーナーへゴロパント → 
右ライン際から走り込んだ⑦谷川がピックしてトライ。

(14 : 0)

勢い良く奔流する⑦谷川!

観戦してる側としたら、

福高が攻めてるのに、な~んか あと1本が取れんね~

ってな感じで、もどかしくもあり、どこかしら余裕も少しありで 観てたんですが、

結果、前半は 14 対 0 のスコアで、折り返し。

だるまさんが転んだっ! 牟田口先生のくーろんぼ!

ひとつ (戒)!

前半終了間際に、相手陣右中間22m手前のとこで笛!

九国のペナルティ!

福高の選択はタッチ(キック)!

んが! タッチに蹴り出したとこで、前半終了の笛!

レフリーに残り時間を聞かずにプレイしたのは、大きなミステイク!

次回への大きな反省! <怒気怒気>

どんぐりに帽子! 秋ですね。

さて、ハーフタイムでネジ巻き直したか? 福高!

が、が、ネジ巻き直したのは、九国大付属高校の方でした ↘

後半7分、九国の得点!

YS(自陣22m-G)から → 九国の重量FWがラックサイドを何度も何度も突いて、意地でもぎ取った感のトライ。 福高FWも頑張りましたが、ココは九国に軍配があがり、もの言いなし。 <張ら腹>

(14 : 7)

もの言い有り?

後半13分、九国の同点トライ!

YL(自陣22m先左サイド) → YM(モール)を電車道で押され、押され、ここでのトライは、九国FWが横綱相撲。 なぜかしら3杯目? いや、前頭3枚目の福高が、張り手3発で、土俵外に押し出されてしまいました。 <怒鬼怒鬼>

(14 : 14)

暗いMAX!

後半18分。 福高追加点!

MS(相手陣右サイドG前) → 福高はスクラムをぼっこし押されるも、アーリープッシュか何か?で、福高にアドヴァン有り → 福高⑨ー⑬P → ⑨ー⑩P → ⑧P → ⑬P → ②P →⑧久芳がトライ。 <晴ら晴ら>

(21 : 14)

どーだ! nなこて!

後半21分、九国が福高のリード(得点)に、食らいつくトライ。

YL(自陣左サイド22mーG) → さっきの電車道(横綱相撲)を想起させるヤバイ状況(モール) → 福高がモールを潰して九国にアドヴァン → 九国の⑩番がこのアドヴァンもらった状況を利用して、左WTBにキックパス → 絵に書いたよ~にきれ~いに決まって、九国のナイストライ。 <毒気毒気>

(21 : 19)

志免っぽい雰囲気

※コンバージョン(2点追加)が決まらず、まだ何とか福高がリード。 <晴ら晴ら>

後半25分、福高追加点!

ML(相手陣22m手前右サイド) → ⑬鳥越がゲイン → ⑩ー⑧P → ⑩ー⑪P → FWがサイド突いて、再度突いて → ⑨ー⑬ー?P → ⑨ー⑬鳥越でトライ! <波RUN万゛情。 悲喜モゴモゴ>

(28 : 19)

最後はキャプテン!

残り5分で、9点差になったココでようやく、福高ベンチの顔面神経痛が収まり、

とりあえず、ハラハラも収まり、

よもの海 みなハラハラと思う間に なぞ波風の たちさわぎらむ?

と、立ち直り早く、余裕をカマスとこが福高ラグビー!

初っ端の元気、ここで回復!

さー最後!

バチーッと、もう1本決めて、次回につなごー、、、

ってなこっと言われて その気になって、、、

バチバチーッ と決めるとこが、また福高ラグビー!

ソーリャ~!

レディーGo! んとこ、

レディーガガ、 ンガガッ?

こんな驚き!

バチーッと、もう1本決めたのは、九国大付属高校でした。

後半31分、

YL(自陣10m手前右サイド) → ⑩ー⑧P → ⑨ー⑮が福高ディフェンスの裏に出てグーンッ とゲイン → そのままトライ!

(28 : 24)

まっくろくろすけでておいで

人間万事~ジャンプが上手っ! 

 いや、塞翁が馬。 馬、馬、馬、、、

好事馬多し!

 いや、魔多し。 

禍福はあざ笑う罠のごとし!

 いや、あざなえる縄のごとし

神気一天、過捨テラ一番

 いや、心機一転、緊褌一番。

次回(準々決勝)、東福岡戦は、相手にとって不徳なし、いや、不足なし!

福高のタックルは、攻撃のタックル!

福高全機一弾! 中園火薬充填確認! 低射角射撃発射用意!

当部ノ興廃コノ一戦ニアリ、各員一層奮励努力セヨ!

マジ(本気)ンガーZ

10月30日(日) 11時KO!

東福岡高校グラウンドにて!

福高ラグビー部への応援よろしくお願いいたします。

応援ありがとう!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

[ 10/23(日) 対 九国大付属高校  スターティングメンバー ]
                                    -30分×2本-

①大浦亘貴(2年) ②篠原佑輔(3年) ③大原悠利(2年)

④鶴雄介(3年) ⑤安井健悟(2年)

⑥松石晃弥(1年) ⑦谷川優也(3年) ⑧久芳銀河(3年)

⑨小池明輝(2年) ⑩児玉 悠一朗(2年) 

⑪若井純基(2年) ⑫奥本竜央(3年) ⑬鳥越賢太郎(3年) ⑭山中宣里(3年)

⑮井上青空(1年)

16.高山晃哲(3年) 17.白川学(1年) 18.木村信公(2年)

19.石井隆弥(2年) 20.中島怜(2年) 21.安部照史(2年)

22.有田脩平(1年) 23.緒方宏樹(1年) 24.江藤有羽大(1年)

25.吉田和生(1年)

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 31 | 32 | 33 || Next»